世の中に当たり前とされてる事って実は間違いなことが多いんですよ。例えば、うさぎは寂しがりやだとか、牛乳を飲んだら背が伸びるとか・・・でもこの本当のところって知りませんよね?

 

 

それと同じように、ミネラルウォーターは安全で、水道水は危険だってことも本当のところ怪しいもんなんですよね。それはある理由からです。

 

 

説明していきます。

 

 

ミネラルウォーターと水道水について

 

2つは品質管理として、水道法と食品衛生法といった違うところで監督されています。この2つは、それぞれ基準が違い水道法は51項目、食品衛生法は18項目の基準数と言われています。

 

 

しかもその中で8項目は共通していて、その基準値も水道水の方が厳しいことが多いので、言ってしまえば水道水の方が安全だということです。

 

 

水道水が完全に安全な訳ではない?

 

さっきのところだけを見れば水道水はめちゃくちゃ安全なものに見えますよね??ただ、さっきの厳しい基準をクリアしているのは浄水場でのものです。

 

 

一般家庭などの蛇口に行きつくまでにはかなりの距離があります。そう、それまでに少なくとも最初の時点よりは良くない水になっている可能性が高いということです。

 

 

結局どっちが安全??

 

最終的にどっちが安全なのかというと、どちらも完全に安全ではないということです。ただ、水道水の方が厳しい基準を満たしているので、基本的には安全なのかといえます。

 

 

 

安全目的でミネラルウォーターを飲むっていうのは難しいのかなーと思います。

 

フィジーウォーターがおすすめです!